JR各社 対照的だった減便判断

主要ニュース
JR各社 対照的だった減便判断
新型コロナウイルスの影響でテレワークが急速に普及した一方、出勤を続けなければならない人もいました Photo:Carl Court/GettyImages  新型コロナウイルス感染拡大により、大企業を中心に多くの企業が在宅勤務に切り替えた。
現状と課題を追った。(ダイヤモンド編集部笠原里穂)【4月の都道府県別・テレワーク実施率ランキングを見る】感染リスクと戦い出勤する人の胸の内「人と人との接触を最低7割、極力8割減らす」。4月7日、7都府県を対象にした緊急事態宣言の発令に伴い、政府はこう呼びかけた。
新型コロナウイルス感染拡大のリスクを低下させるため、多くの企業が在宅勤務導入に踏み切った。その一方で、外出自粛期間中も出勤を続けなければならない人たちがいる。愛知県の介護施設で派遣看護師として仕事をしている木村容子さん(仮名)は、愛知県が緊急事態宣言の対象地域となった4月中旬も、電車とバスで片道1時間ほどかけて勤務先の有料老人ホームに通った。
入居者である高齢者の体調を管理したり、日常生活のケアを行ったりするのが木村さんの仕事だ。
不安はぬぐえないが、収入のためにもできる限り働きたい。また、慢性的に人手不足の現場を見ると、「自分やほかの看護師が出勤できない事態になってしまったら、職場が回らなくなるのではないか」(木村さん)という心配もある。多くの企業で在宅勤務の活用が進む中、木村さんのように、日感染リスクと戦いながら出勤を続けている人がいる。
医療、交通機関、食品や生活必需品の販売、流通などの社会インフラを支える仕事に従事する、エッセンシャルワーカーと呼ばれる人たちがその最たる例だ。一方で、在宅ワークが可能と思われる業務内容であっても、会社の制度や方針、システムの壁に阻まれ、「出勤しないと欠勤扱いになる」ため、生活のために出勤せざるを得ないという人も多数いた。
コールセンターに勤める契約社員の中野明子さん(仮名)は、緊急事態宣言下の4月も通常通り、1日7時間、週5日出勤した。隣席とは数十センチという「密接」空間での業務だった。
緊急事態宣言発令中なので当然在宅率も高く、会社の上層部は「今が稼ぎ時」と話す。個人情報を取り扱うため在宅勤務はできない。同僚と「有給休暇をとって休もうかな」と話すことはあったが、口ではそう言っていても、同僚たちも皆通常通り出勤している。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要

twitterの反応

NAATA(本物・用事あるのみ撮影活動・来月から乗車鉄も状況次第活動再開) @2Naata

【JR各社 対照的だった減便判断】 JR東日本などが5月28日以降の減便ダイヤを見直した一方、JR東海は、6月1日から新幹線の定期列車の運行本数が元通りとなる。JR東海の的確な判断と、J…

LoveAkiba @akiba_liker

記事書きました。緊急事態宣言をめぐって新幹線のダイヤが二転三転しています。 新幹線の「減便取り止め」 対照的だったJR各社の対応から、何がわかるのか? (Yahoo!個人)

premiajp @premiajp

JR各社 対照的だった減便判断 Yahooニュース

RABBIT!! @r_a_b_b_i_t

解除できなかったら拙速な東海となるし、あとからなら何とでもいえる JR各社 対照的だった減便判断

ひろち @gustavcat3

私は鉄ちゃんではなく東京遠征も飛行機派だが、時間管理の確実性や車内快適性を勘案し新幹線の利用も増えた。 空調換気指数はEgから圧縮空気を取り込む飛行機が2分/1循環で新幹線の同6分を上回る。換気回数=風量/容積や種別は無視 JR各社 対照的だった減便判断 2020年5月23日


タイトルとURLをコピーしました