大声カラオケNG 県基準に困惑

主要ニュース
大声カラオケNG 県基準に困惑
新型コロナウイルスの影響でテレワークが急速に普及した一方、出勤を続けなければならない人もいました Photo:Carl Court/GettyImages  新型コロナウイルス感染拡大により、大企業を中心に多くの企業が在宅勤務に切り替えた。
現状と課題を追った。(ダイヤモンド編集部笠原里穂)【4月7日、7都府県を対象にした緊急事態宣言の発令に伴い、政府はこう呼びかけた。
新型コロナウイルス感染拡大のリスクを低下させるため、多くの企業が在宅勤務導入に踏み切った。その一方で、外出自粛期間中も出勤を続けなければならない人たちがいる。愛知県の介護施設で派遣看護師として仕事をしている木村容子さん(仮名)は、愛知県が緊急事態宣言の対象地域となった4月中旬も、電車とバスで片道1時間ほどかけて勤務先の有料老人ホームに通った。
入居者である高齢者の看護にあたることもあり、日感染リスクにさらされていると感じている。自分が濃厚接触者になる可能性もあると考え、これまで義父の介護の手伝いで頻繁に訪れていた義実家にも、2カ月以上行っていない。
不安はぬぐえないが、収入のためにもできる限り働きたい。また、慢性的に人手不足の現場を見ると、「自分やほかの看護師が出勤できない事態になってしまったら、職場が回らなくなるのではないか」(木村さん)という心配もある。多くの企業で在宅勤務の活用が進む中、木村さんのように、日感染リスクと戦いながら出勤を続けている人がいる。
医療、交通機関、食品や生活必需品の販売、流通などの社会インフラを支える仕事に従事する、エッセンシャルワーカーと呼ばれる人たちがその最たる例だ。一方で、在宅ワークが可能と思われる業務内容であっても、会社の制度や方針、システムの壁に阻まれ、「出勤やむなし」の状況に置かれている人も少なくない。
コールセンターに勤める契約社員の中野明子さん(仮名)は、健康食品の売り込み営業。
緊急事態宣言発令中なので当然在宅率も高く、会社の上層部は「今が稼ぎ時」と話すことはあったが、口ではそう言っていても、同僚たちも皆通常通り出勤している。
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要

twitterの反応

狂鬼畜 @kyoukichiku

カラオケは大声出すために行くんだよ。 →【大声カラオケNG 県基準に困惑】

パチンコ店の応援がライフワークの39歳にしてパチンコファン歴29年の企業戦士、再稼働準備中 @7pHYIIGHTCJ208K

カラオケ大声ダメ キャバクラ会話ダメ 麻雀2m確保 ...🤔 「キャバクラで会話控えて」県が新基準、夜の街に困惑(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

宮城裕也 @hiroyamiyagi9

〈キャバレーやクラブなど接客を伴う飲食店に対して「会話を控える」よう求める。カラオケ店やスナックでも「大声」は避けるべきだとする〉 「……」 「キャバクラで会話控えて」県が新基準、夜の街に困惑(西日本新聞)

Monchy @MonchyRagnarok

大声カラオケNG 県基準に困惑 Yahooニュース  カラオケで大声禁止とか、キャバクラで会話禁止とかはさすがに存在価値が消えるから無理じゃ。

坪井哲夫 @tetsuboi

それなら解除するな! 大声カラオケNG 県基準に困惑 Yahooニュース

yua @yua98632305

「キャバクラで会話控えて」県が新基準、夜の街に困惑(西日本新聞) - Yahoo!ニュース 大声カラオケはダメだって。

いぬかもめ @toijuichi3

もしかしたらNGかもしれない。 大声カラオケNG 県基準に困惑 Yahooニュース

アラウンド50 @mick0216

県の基準とかって現実的なのが多くてとりあえず書きましたみたいな。 大声カラオケNG 県基準に困惑 Yahooニュース


タイトルとURLをコピーしました